西日暮里の審美治療 JR西日暮里・改札口歯科

年中無休 夜24時まで診療

東京都荒川区西日暮里5-24-5ミヤザキビル201

03-3803-3838 03-3803-3838 EPARK 歯科 予約はこちら
初診、急患対応しています
診療時間
09:00〜14:00
16:00〜24:00
訪問診療
9:00〜21:00
:9:00~13:00 :15:00~19:00
:16:00~21:00

審美治療歯が痛い・しみる

審美治療について

審美治療について虫歯の治療では、一般的に被せ物にしても部分的なものにしても金属を使用します。ただ審美治療での治療であれば、ナチュラルな歯と同様な色調、そして強度までもそのような状態まで近づくようになります。なお、使用する材質に関しては様々なタイプがあります。

また、美意識といった観点からではなく、身体親和性の高い(体に悪影響が無い)素材などの選定により金属アレルギーでお悩みの方にも安心なメタルフリー治療も可能です。

かぶせもの(クラウン)

オールセラミック

オールセラミック
上の前歯六本をオールセラミックを入れています。

クラウン全体がセラミック(陶材)でできている被せ物です。補綴物のなかには金属を使ったものもありますが、オールセラミックには金属が使われていないため、天然歯のような透明感があります。プラークが付着しにくいのも特長です。

補綴物のなかでは最も透明度が高く、ほとんど変色もしないことから、前歯のように見た目が気になる歯の治療に最適です。また金属アレルギーに悩んでいる方にもお勧めです。

メタルボンド

メタルボンド歯を作る際の土台に金属を使用しており、金属のフレームにセラミック(陶材)を貼り付けたクラウンがメタルボンドです。色調や透明感はオールセラミックに多少劣りますが、丈夫で長持ちといった利点があり、奥歯やブリッジなどの強度が求められる治療によく使われています。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック金属のフレームの代わりに「白いダイアモンド」とも呼ばれるジルコニアをフレームに使用し、外側をオールセラミックで加工したのがジルコニアセラミックです。一般的な差し歯はフレームが金属で外側に白い加工を施すので、歯と歯肉の境目が黒ずんで見えたり、透明感のない歯が不自然さをかもし出していました。しかしジルコニアセラミックでは、そのような心配をする必要はなく、ナチュラルさを感じさせる白い歯をつくることができます。

詰め物(インレー)

セラミックインレー

セラミックインレーインレーとは、虫歯治療の際に歯を削り、歯型を取って作る詰め物のことで、セラミックインレーは、セラミック(陶材)でできたインレーです。歯の咬む面に詰めた金属や変色してしまった樹脂をセラミックに詰め替えることで、見た目が自然できれいな歯に仕上がり、治療のあとが目立たなくなるほか、お口の中が明るくなります。

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレーセラミックとレジン(プラスチック)の成分を混合させた材質がハイブリッドセラミックです。この材質を用いたインレーをハイブリッドインレーと言います。

セラミック単体と比べて弾力性があり、周囲の歯にダメージを与えにくいという利点があります。ただ、透明感はやや劣り、年数を経るに従って黄色く変色していきます。

歯を白くすることは保険でもできます

歯を白くすることは症例にもよりますが保険が適用されることもあります。ただ、全額自費による自由診療の審美治療と比べると、時間が経過することで着色が目立つようになったり、強度も弱いといった場合もあります。保険適用の範囲や保険での治療内容につきましては、お気軽にご相談ください。